つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

sigon sigon barと旅の終わり

a0078126_15345276.jpg


統一会堂(旧大統領官邸)に立ち寄った後、
午後はゆっくりSPA

今回利用したのは蓮がシンボルのSEN☆SPA 
3時間コース
いやはや、ほぐされました

日本人向けのお店でしたので、
今回は特に報告することはなかったですね(笑)

旅行前に観た映画2本

ベトナム系フランス人、トラン・アン・ユン監督作品の
「青いパパイヤの香り」と「夏至」
どちらも好きな映画でした
特にこれといったストーリーはないのですが、室内と外の区切りが曖昧なアジア独特の民家と、そこにある水(湿度) と緑(植物や昆虫、両生類)、アジアの黒髪の女性、まったりと流れる時間が美しく描かれてました


「青いパパイヤの香り」は1950年代のホーチミン(実際はパリ郊外に街を再現して撮影)
「夏至」は今のハノイが舞台です

西洋人から見る、東洋的な美しさがあふれた映画
蓮は仏教を連想させる花なので、その花が象徴的に使われてます

街で映画の風景を目にできたかというと。。。それは、無理で
クチの地下トンネルからの帰り
蓮の群生した池を2カ所 車窓から見かけただけでした



a0078126_1635572.jpg


メコン川入り口にあるミトー市のレストランにて
睡蓮の池

長く綴ってきたホーチミン旅行記もそろそろ終わり


a0078126_165399.jpg


最後の夜はカラベルホテル6階にあるsaigon saigon barへ

a0078126_16522984.jpg


旅行中、夕暮れになると毎晩、高い所に登っては一杯いただいて涼んでましたね〜
こうやって記録すると自分たちの習性が明らかに

ここのロケーション、最高です


a0078126_1691575.jpg



オープンエアで高層階過ぎない雰囲気が、
街に包まれてる感じがします

こちらはドリンクだけで、食事はできないので、
帰りにフォー24というホテル近くのフォーのチェーン店で夕食をいただくことに

できれば、バイン・ミーというホーチミンの名物サンドイッチ最後に食べたかったのですが、
さっき荷造りした際に、地図をスーツケースに一緒にしまいこんでしまったようで
残念ながらお店をみつけることができず
(実は、いつも私達がホテルをでて左に行くのと反対方向に50メートルほど歩いた所にあったのを、空港に向かう時に発見。。。オソカリシ)


ホテル脇にあるマッサージ屋さんの客引きに
ここ数日、毎日何度も私達が通り過ぎる度、
「オニサン、オネサン、マサージ、ヤスイネ」と声をかけられ
その言葉が妙に印象に残っております

a0078126_16283173.jpg


そのマッサージ店の少し先、こちらも私が最後まで気になってた店の提灯

通る度、

ね、どうかな? と夫にたずねるも
「どうやってもってかえるんだ」

また、ある時は
「どこに飾るつもり」といわれ

思わず。。。。「トイレ」と答え

「アホか」と返され

とうとう、手に入れることができませんでした


そんなわけで、いくつか忘れ物をしてきたような気がしてます


a0078126_163465.jpg



旅の最後、一人でバイクの疾走する川沿いの夜の道をよこぎり、
ホテルの玄関の写真をパチリ

こわかった〜〜
最後まで事故にあわなくてほんとによかったよかった

今回程、バイクを写した、または勝手に写りこんでる、旅の写真もまためずらしいです
そんなわけで最後もまたまたバイクの写真で終わります

この街の10年後、一番変わってるのは交通かもしれません
そしたら、バイクのある風景も懐かしく思う時がくるのかな〜

そんなことを思いながら、旅は終わります



長い旅行記、読んでいただきありがとうございました^^



a0078126_1647334.jpg



ではでは、ベトナム旅行記、これにて
[PR]
by rotta0308 | 2010-06-27 16:45 | 旅/ベトナム