つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

旅の終わり マルコポーロ空港にて

a0078126_17263436.jpg


なんだか間延びした旅行記になってしまってごめんなさい**


これで終わりです


美術展の後に、ショッピングをすませ空港へ

ベネチアのマルコポーロ空港は現代的でした

ここで最後の嬉しい出来事
自動発券機で航空チケットの発券が上手くいかずあせってると
後方から「いや〜またあいましたね〜」と我が夫の声。。。

振り向くと、手招きする夫
そこにはあのフランスのご夫妻の奥様(推定65才)の満面の笑顔
うっそ〜** 
思わず、かけよって自然に手を握りあい、再会を喜びました

しかし、航空券のことで係員の方から呼ばれ、早々にお別れ

すると遅れてきた夫が紙切れをみせて、これもらったよ、と

そこにはフランス語でメッセージが←読めない。。。
そして、裏返すと

名前と住所

そして、その側に FROM Mr. MAY BEって書いてあったの !

くぅ〜憎いぜ←古いぜ


行き止まりの小さな広場で会った時に、私達が今日の便で帰りますって言ったから
用意してくれてたのかな

でもまさか行きも帰りも一緒の日時とは、、、


嬉しかったな。。

外国の人ってなんて素敵なことするんだろう。。。



無事、チェックインをすませ、ベネチア最後の食事、ワインバーでサンドイッチ
ぱさぱさでぜんぜん美味しくないけど
あのメモのおかげでなんだか幸せ


搭乗の列に並ぶと、今度は前のドイツ人の老夫婦が振り向いてメレンゲをどうぞ、
と袋をさしだしてくれたので

ありがとう、といって私も夫も一個ずついただいた



甘くて、ふわっと口の中に広がった


なんだか、みんな優しいね、と夫に言うと

あんまり顔が平たいから、みんな不憫に思って優しくしてくれるんだよと、
いってニヤリと笑った





a0078126_1834483.jpg


そうだ、もう一つ!

税関で免税手続きをしてると、担当の女性に「宇宙飛行士」と書いた紙をさしだされ
この日本語の発音を教えてと言われた

ウー、チュー、ヒー、コー、シー

とゆっくりいってもなかなか上手に発音できない

ヒーがどうしてもイーってなる

ふりむくと、免税手続きをする中国人が5人くらい並んでて、
怒り出すんじゃないかとどきどきした

結局、「うちゅういこうし」で落ち着いた

ちょっと違うけど、もうこれ以上業務にさしさわってはまずいと思った←日本人




初めてのローマで銀行の窓口の両替中、こちらが記入してる間に担当の男性が後ろにいって
アイスクリームをペロっとなめて、窓を開けて、外を通ってる知り合いと世間話をしたのを思い出したじゃないの



眼下には干潟に浮かぶ島々


サヨナラ、寛容な国、イタリア

大好き


a0078126_1835286.jpg



飛行機が遅れたので、フランクフルト空港でのトランジットはたったの40分

心配したけど、JALの方が待ち受けててくれて、問題なく乗り継ぎ完了


よかったよかった


ターミナルのモダンな空間

小走りで移動しながら1枚だけ撮影


a0078126_184518.jpg



帰国してメッセージをエキサイト翻訳で訳そうと何度も試みたのだけど、
スペルに癖があるので読めなくて(汗)

それで、フランス語教室を訪ねて、訳していただきました


たぶんこれは、決まり文句ですね。。といって訳してくれた言葉



ベニスの思い出

あなたの美しい国に繁栄を




たったこれだけの言葉だけど
良い言葉だな〜と
その文字をみるたびにとても嬉しく幸せな気分で
今回の旅を思い出します






長い旅行記、失礼しました

読んでくださって、ありがとうございました



旅行を終えての日常は
帰宅した夫に、早くあのじいさん(推定75才のミスターメイビー)に
返事を書かないと死んじまうぞ、
(これは夫なりの親愛の情なのですよ) と、
せかされる日々でしたが、なにせ、フランス語が書けない。。。

短い英語でいいのかなぁ、、と最近重い腰をやっとあげたところです

最初の一行はもちろん

To Mr & Mrs May be


ですよね^^
[PR]
by rotta0308 | 2012-06-14 18:30 | 旅/ベネチア