つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

HAND SOAP

a0078126_758055.jpg


MARKS & WEBのハンドソープ愛用中。




備忘録になります。

9,10月の読書

●約束の冬(上下巻) /宮本輝(小説)
●錦秋/宮本輝(小説)

●眠る盃/向田邦子(エッセイ)
●思い出トランプ/向田邦子(エッセイ)

●ワタシは最高についている/小林聡美(エッセイ)

●トワイライト/重松清(小説)

●月の癒し/ヨハンナ・バウンガー

●自分を変える気付きの瞑想法/A・スマナサーラ

●シングル・ブルー/唯川 恵



今、一番はまってる作家は、遅ればせながら向田邦子。

この夏、解禁。まずは短編集「男どき、女どき」から、そして随筆へ。
もうどれもこれも面白くて、たまらない。

そして何より向田邦子本人の大ファンになってしまった。
無駄な言葉が一字もないです。
落語に通じるところがあるような。。。粋なんですよねぇ。
江戸っ子でした。かっこいいです。ちょっとおひとよしな所がまたいいです。

3冊、いずれも晩年の作品。




宮本輝の長編は久々。
面白いと感じたのは、先に読んだ重松清の「トワイライト」が現代社会の大人たちの幼稚さを最後まで感傷をゆるさずにリアルに描いたのに対して、「約束の冬」の中にでてくる大人たちの素晴らしいことといったら(笑)

本人が記したあとがきから。
あまりに幼稚な大人の多すぎる現代社会への警鐘。
自分のまわりにこんな大人たちが居て欲しいと思いながら書きました。

そのせいか、灰色の雲で覆われたような作品が多い宮本作品。
そこに一筋の光がピーッと差し込むのが魅力でもあるのだけど、
この作品は、ちょっと違う感じ。暗くない(笑)

物語性も強いし、なにより文章が美しくなめらかなので、数ページ読むと宮本輝の世界にどっぷりとはいっていけます。
責任感、寛容さ、知性。
大人って本来、こういうものなのですね。。。


私自身、子供の幸せって何だろうとおもった時に、子供時代にいい大人がまわりにどれだけいたかということは、とても重要な気がしてなりません。
でも、核家族、そして人間関係が希薄になった今の時代では難しいですよね。



宮本作品私のベスト3は
1.春の夢
2.錦秋
3.ドナウの旅人

いずれも20代の頃に読んでるので今とは少し違うかもしれませんが、好きな作品です。

「錦秋」は手に取った雑誌の中で大人が選ぶラブストーリーベスト10にランクインしてたので、久々に読みなおしました。
書簡形式の小説です。

それにしても宮本作品に登場する主人公の女性は一貫してます。
強くて、たおやかで、美しい。
「春の夢」の陽子、「ドナウの旅人」の麻沙子、「流転の海」の房江
「錦秋」の亜紀。

きっと作者の理想の女性像なのでしょう。




本の感想はきりがありません。。。この辺で。
[PR]
Commented by ゆき at 2007-11-07 16:16 x
わたしもクレンジングジェルを友人からいただき愛用してました。
香りがとてもやさしくて、好きだったのですが、
今は手に入れることが難しくて・・・。
ハンドソープも今度試してみますね!
Commented by ybqqy817 at 2007-11-07 21:50
これって、weak upですよね?
我が家も愛用中です♪

本を久しぶりに読みたくなってきました。
週末、図書館に行こうかな~
Commented by rotta0308 at 2007-11-08 12:23
★ゆきさん
こちらのお店、HPもありますが、やはり海外発送は難しいのかな?
ハーブ系のものは使っていて気持ちいいですよね。
こちらのはペパーミントとロムズマリーで爽やかな感じです。使うとシャキッとリフレッシュできそうです♪
Commented by rotta0308 at 2007-11-08 12:29
★jaicoさん
はいはい、そうですよ〜^_^
同じですか? ボトルのデザインもすっきりしてていいよね〜^_^

読書の秋です。図書館にいきましょう〜♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by rotta0308 | 2007-11-07 08:03 | Comments(4)