つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

バイブリーの花たち

a0078126_15362112.jpg


ルピナスもあちこちで見かけました。(手前右の花)
日本名は昇藤(のぼりふじ)
5月、日本のいたる所でも目の保養をさせてくれた藤。
それをくるっと天にむけたような 形。

この花を見ると、ターシャの庭が思い浮かびます。

電話を発明したグラハム・ベルがアメリカを旅する毎に、この花の種をポケットにいれて持って歩き、蒔いたことで、アメリカ中にルピナスが咲いたというターシャの話がとても印象に残りました。


それだけ強くて逞しい花なのでしょう。

花言葉は「多くの仲間」。


a0078126_1536509.jpg



窓辺を彩る花たち。
選んだ花は個性が垣間見えて、そのまま住民たちの顔のようですね。

クレマチスもイングリッシュガーデンで好まれる花だとか。
ライムストーンの壁に這う蔓性のクレマチスは、それは優雅。

ルピナスの花言葉を調べたついでにこちらも。

いくつかある花言葉の中から見つけた一つ。

それは


「旅人の喜び」でした。。。
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-14 15:55 | 旅/ロンドン