つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チーズハンバーグと野菜たち

a0078126_16141653.jpg



昨日の夕食。普通の夕食。

チーズハンバーグをやちむんと小鹿田の皿に2個ずつのせて、
てんこもりの温野菜で囲んだだけ^^
(菜の花、さつまいも、カリフラワー、スナップエンドウ、ブロッコリー、人参)

なると金時(さつまいも)はやっぱり美味しいな〜

ハンバーグはデミグラスソースで、野菜は昆布ポン酢と柚胡椒で

この日のスープは蟹爪とはるさめ、えのきの中華スープ




昨日のお昼の番組で篠沢教授(フランス文学教授)の介護生活が紹介されてました

昔、クイズダービーという番組があって、その中の回答者の席に座り、いつもにこにこ笑って「愉快、愉快」といってた姿が印象的な紳士でした
今は、体の自由がきかず、喉から流動食を流し入れてるので言葉もしゃべれず
奥さんがずっと側で世話をする生活
篠沢教授73才、奥さん65才くらいだったかな

とても印象的だったのが、みるからに美味しそうな鰻を奥さんが台所でミキサーにかけてる姿
「こんな上等な鰻もミキサーにかけなきゃいけなくて。。。」といいながら
いくつかのお野菜もそれぞれミキサーでペースト状にして

最初、私はそれがとても悲しかった
食事は目で楽しむ部分も多いから、作る方もその楽しみがなくなってしまう

ペースト状になった鰻は、みるからにまずそうな色で。。。

でも、それを食べた篠沢教授がとても満足そうにうなずいたとき、
形は変わっても美味しいものは美味しくて、
ご主人に美味しい物をたべさせてあげたいと思う、奥さんの気持ちと
それがご主人にも伝わってることにほっとした

いろとりどりのいろんなかたちの料理を口にする事ができることは、
あたりまえのことじゃないんだなぁ。。。


作った物を毎日ペーストしてたら、私だったらテンション↓↓↓
そのうち、作らなくなってしまうかもしれない。。。



昔「愉快、愉快」といってた篠沢教授は今も明るくて、悲壮感を感じなかった
今も不自由な手でキーボードをうちながらフランス文学の翻訳をしてた

失いたくないものはなんですか ?という問いに

さささっと白い紙に文字をはしらせ

「脳の働き」と書き

大事なことはなんですかとの問いに

「今の状況を楽しむ」と書いた



すごいなーと思ったら、泣けてきた

オリンピックみては泣き、ドキュメンタリーみては泣き、本読んでは泣き


まったくよく泣く。
努力とかひたむきさとか苦境の明るさとか、、、そういう凄さにすこぶる弱い


そんな年頃なのか。。。。
[PR]
by rotta0308 | 2010-02-18 16:57 | うちごはん