つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅/信州 安曇野 上高地( 8 )

おひさま

NHK朝の連ドラ「おひさま」を楽しみに観てます

朝の連ドラにはまるなんて人生初^^

a0078126_931210.jpg



昨年、夏の終わりに訪れた安曇野

朝、山道に突然現れた朝顔帽子をかぶった小屋にびっくり

前日には帽子冠ってなかったんだもの!


a0078126_9311358.jpg


おひさまにむかってこの勢い!

アルプスの山々から流れてくるきれいな水、
点在する道祖神
小さな町なのに美術館がたくさん


言葉も優しくて温かいのです

まるで絵本の中にいるような
不思議な魅力のある土地でした


a0078126_931986.jpg




もう一度、あの場所に行ってみたいな〜とおもっても
すぐには叶いません
毎日、ドラマを通して信州の景色に癒されてます^^

a0078126_9312231.jpg





今週はいよいよ陽子さんの結婚式

う〜ん。。。。せつない

なんて、時代なんだ。。。
[PR]
by rotta0308 | 2011-06-06 09:59 | 旅/信州 安曇野 上高地

上高地帝国ホテル

a0078126_14163025.jpg


ちょっと前にもどって

上高地での宿泊先は憧れだった赤い屋根のホテル
出発4日くらい前に空室ができて、急遽、泊まれることに

ラッキーでした

a0078126_1310425.jpg



山を望むベランダ付の部屋ではないけど、
部屋の高い位置に開閉できる窓があって山並みが見えます

斜めになった天井も山小屋風
スイスには行ったことがないけど、こんな感じかな?

部屋にはバードウォッチング用の双眼鏡も置いてありました


夕食はガシュアルレストラン、アルペンローザでチーズフォンデュディナーをいただいて
山岳リゾート気分

朝食はダイニングルームでコンチネンタルBFでした


a0078126_1311942.jpg


周囲はクマザサの原生林

少し歩くとこんな景色




a0078126_13105096.jpg


到着してすぐ、こちらで山ぶどうのジュースをいただきます

暖炉に火がはいる頃は、また格別でしょうね

私達が訪れたのは
夏休みが終わって、秋のベストシーズンにはいるまでの、
少し人が少なくなる時期
人もそれほど多くなくてゆっくりできました

紅葉の頃ってどんなだろう。。。


いつかまた再訪したい場所になりました

さて安曇野滞在は。。
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-17 13:55 | 旅/信州 安曇野 上高地

帰り道

a0078126_18243334.jpg



帰りは平湯を経由して岐阜の高山へ

山から町へ向かう道路脇にはコスモスが満開




高山駅の近くで「中華そば」をいただき帰路につきます



今回の走行距離はジャスト800キロ

よく走りました




今週は朝晩、しのぎやすくなってきましたね


もう少しでこの暑さともお別れのようです
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-11 10:26 | 旅/信州 安曇野 上高地

上高地の朝

気持ちのいい朝

外に出ると、ぶるっと寒いくらい

これから明神池に向かいます


a0078126_1294119.jpg


透明度の高い「しみずがわ」

梓川に合流する少し手前



a0078126_1294435.jpg


岩魚がいました



a0078126_1294916.jpg


AM7時半にカメラを持って外を歩くことは
旅にでもでないと、日常ではなかなかありません


ついつい沢山の写真



a0078126_1234764.jpg


道の脇に咲く初秋の花達

あざみしか、名前がわからないな




a0078126_12105896.jpg



朝靄のかかる小川




a0078126_12113773.jpg


明神岳が見えてきました




a0078126_1211407.jpg


穂高神社でお参りして小径をすぎると
バーンと開ける視界
澄みきった明神池に樹々が鏡のように映って



a0078126_12114582.jpg


ここまできてよかったーー!



帰りは目的がないのでちと退屈
ピッチ上げます


チェックアウト15分前にホテル到着
あわてて荷造り


歩き回ってばかりの上高地滞在でした
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-10 07:59 | 旅/信州 安曇野 上高地

初めての上高地

豊科ICから高速にのり、松本ICで降りて上高地をめざします

上高地はマイカー規制のため、手前の沢渡(さわんど)に駐車し、自然に配慮したエコバスに乗り換えて目的地へ


夕刻と早朝の景色を観たいと、夫の希望で今回は上高地の中に宿をとりました


チェックインしてすぐに散策へ

a0078126_8264153.jpg


大正池


a0078126_8561028.jpg



河童橋と奥穂高



a0078126_8265642.jpg


橋から眺める焼岳と梓川

a0078126_8292162.jpg


足元から秋の気配

a0078126_8401260.jpg


梓川周辺の植物

時々出会う、野生の猿


a0078126_8281753.jpg



クマザサの原生林


こんなに綺麗に自然が保たれてることに感動します



a0078126_8293592.jpg



PM6時 散策終了

夕食は。。。
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-09 09:05 | 旅/信州 安曇野 上高地

絵本の世界へ

安曇野での宿泊は標高1000Mの場所にあるホテル

さすがに山の上、露天風呂にはいる時はひんやりと山の冷気を感じました

翌日は早々に宿を出発



a0078126_10281154.jpg


突如、青い帽子をかぶった小屋が出現

昨日ホテルに向かう途中はこんなのなかったのに

???

a0078126_10325370.jpg


朝顔 !

だから昨日の夕方はなかったのだわ!

なんだかきつねにつままれてるみたい^^


この日、のどかな田園風景を眺めながら向かうのは「安曇野絵本館」

夕べホテルの部屋で見つけた地元のアート情報
こんな偶然もあるんだと、小躍りしました

「デビッド・マッキー&きたむらさとし絵封筒原画展」

数年前、きたむらさとしさんの絵封筒の記事を雑誌でみつけ、魅了され
それに影響されて稚拙ながらも友人に自作の絵封筒を送ってました

きたむらさとしさんは、アンデルセン社の社長室を訪ねた時に、
一面の壁に額装された絵本画家たちから送られた絵封筒を観て衝撃をうけ、
それ依頼、絵封筒の楽しさに目覚めたそうです

a0078126_10525421.jpg


目当ての絵本館は、木立をずっとはいっていった所にひっそりとあって、

それは素敵な大人の隠れ家

a0078126_10523035.jpg


朝一番なので、お客さんは私達の他にいません
壁のいたる所にきたむらさんからデビッド・マッキーさんに宛てた絵封筒
デビッド・マッキーさんからきたむらさん、松田素子さんに宛てた絵封筒が展示されてました


その絵封筒の原画のユーモアにあふれたことといったら

わくわくしてきます

魅力はと聞かれたら、それは仕事ではなく、プライベートでたった一人に宛てたアートだから
描いてる本人が楽しんでる感じが伝わってきます

絵手紙との違いは、宛名や住所、切手もその一部になること
そして長方形の形かも^^

なにより、だれもが簡単に真似できることがうれしい!


1階で絵封筒の展示を満喫し、2階では絵本を楽しみました



最後に入場券の半券で、山ぶんどのジュースをいただきここを後にしました



a0078126_1053521.jpg




木立を運転しながら、、、

「いるよね」と私。

「うーん、いるよな。。。」と夫

さてさて、なにがいるというのでしょう


昨日から私達はずっと絵本の中にいるような感じなのです

木立のなかからひょっこりカッパが現れて、「オイ、ドコイク」と声をかけられても
ここならあまり驚かないかも

引き返して、さっきの絵本館をこっそりのぞいたら、
もしかしたらカウンターの中にいた男性は、たぬきかもしれません
飲み物をだしてくれた女性は、うさぎかもしれないし。。。



このあと綺麗な水のある場所でゴムボートで水の上の散策を楽しみました


a0078126_1123882.jpg



このあたりには道祖神が点在しています


a0078126_11234095.jpg




そして一番手前の古い水車小屋(↑上の写真 )には、
アオダイショウが10匹いるそうです
さっきまで顔をだしてたんだけどな。。ですって


「10ぴきのアオダイショウ」


やっぱり。。。


a0078126_18405044.jpg




ここはそのまま絵本の世界です
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-08 18:45 | 旅/信州 安曇野 上高地

安曇野ちひろ美術館

a0078126_17225443.jpg


まだかな。。。
地図の上ではこんなに遠いはずじゃないんだけど。。。


だんだん不安になってきます

カーナビのついてない愛車
地図を握りしめる私とハンドルをにぎりしめる夫

車旅では度々、こんな場面
特に初めての場所は、土地感がつかめなくて

やっと到着

a0078126_17232229.jpg


「安曇野ちひろ美術館」

ここに来てみたいとずっと思ってました


a0078126_17231117.jpg



原画のもつ力はすごくて、
儚くて、優しくて
そのデッサン力はもとより、色や、空間の使い方とか、
ひとつひとつの作品の前で立ち止まってはためいきばかり




私はちひろさんの作品観賞に時間をつかって
夫は同時開催の 「生誕100年 赤羽末吉展」を楽しんでました

こちらは700円のチケットで1日出入り自由

世界の絵本原画コーナーから、3000冊の絵本所蔵のコーナーあり、カフェあり、
花畑ありと丸一日過ごせそうな場所

閉館の5時までの1時間半をこちらで過ごしました。

が、

時間が、足りない。。。



今回はポストカードの変わりに好きな絵がたくさんつまった
「ちひろBOX」を購入

そのなかから気に入った2枚


a0078126_1722963.jpg


十五夜の月



a0078126_18605.jpg


夏草のパーティー


夏の思い出の1枚と秋の1枚


どちらも、ほんとに、かわいい!
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-08 09:15 | 旅/信州 安曇野 上高地

安曇野へ

初秋の景色をもとめて、信州へ

2泊3日の車旅

初日、奈良〜豊科ICまでは高速で6時間
涼しい場所を想像してたのですが、
いやはや、この週末は全国的に暑かったようで、
信州といえども、同じでした

穂高駅近くのクーラーのないお蕎麦屋さんで汗をぬぐいながら
遅い昼食の蕎麦をすすり
今回の旅はもしかして、フライングだったかな〜と、
若干の後悔。。。←早っ

でも、この町をドライブしながら美術館を訪れる度に、
はるばるキテヨカッタという気持ちが何倍にも膨らんでいきました

a0078126_1329932.jpg


まずは穂高駅にほど近い「碌山美術館」

a0078126_2294012.jpg



ツタの生い茂った「本館」には萩原碌山の代表作が展示
別館には碌山と親交のあった芸術家の作品が展示されてます

a0078126_1431623.jpg

            ↑
(本館内。撮影禁止なのでこちらの写真はHPからお借りしました )



a0078126_13293043.jpg


木工の意匠を凝らした建物も温かみがあって
細工を見つけるのも楽しいですね

a0078126_13304552.jpg



扉の取手は女の子だったりキツツキだったり、トカゲだったり
キツツキはちゃんと、何度か扉をつついてます^^


只今、PM3時。さて、もう1カ所いけるかな〜

左手に連なる北アルプスを眺めながらのドライブ
少し離れた大町にある「安曇野ちひろ美術館」へ向かいます


a0078126_14143178.jpg


山々にふりそそぐ「天使の梯子」
[PR]
by rotta0308 | 2010-09-07 14:16 | 旅/信州 安曇野 上高地