つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:旅/ロンドン( 16 )

a0078126_1056059.jpg


来た時と同じく、サウスケンジントン駅からピカデリーラインでヒースロー空港に向かいます。このピカデリーラインの電車内広告、色もイラストも日本のアニメのような感じ。

地下鉄ですが、郊外になると地上を走るので、
ロンドン郊外の町並みをずっと眺めながら。。。。



今回は初めてブリティッシュエアーを利用しました。

a0078126_11163491.jpg


ヒースロー空港のターミナル5(BA発着ターミナル)は綺麗で好きな雰囲気♪
お店やカフェの感じもよかったです。

a0078126_1055743.jpg



a0078126_11123320.jpg


こちらは行きの機内食。
美味しかったですよ。

帰りは眠くて写真とってないのですが、夫の注文した日本メニューの味が
かなり醤油が濃かったのを漠然と覚えてます。
それ一つがはずれで後は問題ありません。


実は行きのBA機内の印象があまりよくなかったのですが、
帰りはターミナル5や本国BAのカウンターの雰囲気は大好きです♪


クリスピードーナツショップ発見♪
東京では、もうブームは過ぎたのでしょうか?

まだ食べた事ないんです(笑)

では、おひとつ。
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-20 11:30 | 旅/ロンドン

V & A

a0078126_8415690.jpg





ヴィクトリア&アルバート美術館。
テートモダンとともに、ずっと憧れてた美術館。

最終日、出発までの時間を有効に使いたくて、
この美術館の近くにホテルをきめました。


所蔵は工芸、絵画、彫刻、銀製品、陶磁器、アジア美術、、etcと多岐にわたり
所蔵は400万点以上。

こちらの美術館の名前を初めてしったのは、数年前、湯布院にある亀の井別荘の雑貨鍵屋さん。竹細工のコーナーの一番上に置いてあった、綺麗に編まれた竹ざるを手に取ってみたくて、お店の方にお願いしたところ、非売品とのこと。
その時に、同じものがロンドンのV & Aにも所蔵されてると聞きました。

故郷の竹細工がロンドンの美術館にあるんだ〜♡

後で、こちらの美術館はイギリスの工芸品やインダストリアルデザインの質を高めて、工業の振興をはかるための美術館として作られたと知ります。

ということは、世界中の生活芸術のグッドデザインがあふれてるってこと?

a0078126_913646.jpg


デイル・チフーリのシャンデリア

a0078126_9151089.jpg


銀食器のコーナー


a0078126_9213934.jpg



で、やっぱりあふれてましたよ〜♡

こちらはヨーロッバのガラス工芸。

正確には世界中といっても、やはりイギリスの物が中心。
ヨーロッパの他に、アジアの物が多かったですね。
アジアの工芸品の質の高さを認めてくれてるのだわ♪



a0078126_9265755.jpg


左/中国の最近のデザイン。
中/石膏デッサンをする学生。
右/こちらもエントランスのオブジェ

モリスのカフェ
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-20 10:28 | 旅/ロンドン

リージェンツパーク

AM7:40 早朝のリージェンツパークに到着。

6月にイギリスを旅行できて一番ラッキーだったのは、
これにつきます。

こちらの公園のバラ園。一番の見頃。

お楽しみください♡


a0078126_16542523.jpg



a0078126_16544628.jpg



a0078126_16551657.jpg


係の方が2人でバラの手入れをしてました。
散った花びらをリヤカーの中にいれていきます。
散ってたって、こんなに可愛くて綺麗。

ああ。。このリヤカーに乗って一緒に公園を廻りたい(笑)



a0078126_16581482.jpg




a0078126_16584491.jpg



a0078126_1659786.jpg



バラの名前はメモしてたつもりでした。
が、家にかえってみるとない(涙)

名前のプレートも一緒に撮影すればよかったのだけど、この時点でバッテリーが
残量が少なくなってるマークに変わったので、1枚1枚、大切にとりました。

でも、この真っ赤なバラの名前だけは記憶してます。

PRIDE OF ENGLAND

グッドモーニング♡
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-19 17:23 | 旅/ロンドン

THE GAINSBOROUGH HOTEL

3泊目はサウスケンジントンのゲインズボローに宿泊。
駅から5分。V&Aまで5分、自然史博物館まで3分という好立地。

あらかじめグーグルマップで検索。プリントアウトしてたのですが、
なかなか見つからない*-*
通りの名前は間違ってないのに。。。

通りがかりの英国紳士が親切に教えてくれました。

でも、「here」と指差したのは目の前。

看板がないからわからなかった。小さな30センチくらいのプレートのみ(笑)
そういわれれば、イギリスの国旗もたってました!!
もしかしたらこれが街の美しさなのかな。
看板天国の日本からすると、、、主張のなさにびっくり。
建物はどれも似たようなものばかりだし。
すぐ近くに幼稚園があって、見送りのあとのママたちがすぐ近くで立ち話してたので、個人のアパートメントだと思ってました^-^

a0078126_168269.jpg


左/入ってすぐのパプリックスペース
右/フロントデスク


翌朝。

a0078126_1610070.jpg


朝食は7時から。コンチネンタルブレックファースト。
一番のりとおもったらすでにドイツ人のビジネスマン先着。

a0078126_16461683.jpg



日本のガイドブックにもよく掲載されてるホテルなので日本人観光客が多いとおもったのですが、ビジネスマンが多かったです。前泊のホテルに比べると部屋の広さは半分。料金はちょうど2倍くらいですが、イギリスの他のホテルに比べるとまだまだエコノミー。部屋のインテリアはザ・イギリス。グリーンの花柄のベッドカバーに花柄の壁紙、マホガニーの家具といった感じ。
なんだか乙女チックなベッドが狭い部屋にドーンとあるので、
写真は控えさせていただきますね(笑)

一部屋一部屋、壁紙やテキスタイルが違うのがこちらのホテルの売りのようです。
個人的にはホテル周辺のシックで落ち着いた雰囲気が好きです。

ホテルの難点は2つ。部屋の香りがきつ過ぎたことと、
シャワーが途中で水に変わったこと。←夫、使用中。
夫はむっとしてましたが、今は夏。私は冬のドイツ、暖房のきかない部屋で同じ経験があったので、心の中で(なんくるないさ〜)とつぶやきました^-^
ヨーロッパではよくありますよね。
みんな一緒にお風呂を使い始めると、タンクの中にお湯がなくなってしまうことがあるとか。特に日本人はお湯使い放題ですから。



さあ、本日最終日。12時にはホテルをでて空港に向かうので、午前中ラストスパートです♪

a0078126_16261570.jpg


すぐ近くのバス停から、お目当てのリーシェンツパーク近くのベイカーストリートまで巡回バスに乗車。この旅は2階建て赤いバスにずいぶんお世話になりました。
地下鉄よりも安くて、景色も高い位置から楽しめておすすめです。
時間がゆったりあれば、こちらをおすすめします♪

もちろん座る場所は、「ココ」^-^
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-19 16:35 | 旅/ロンドン

The PHANTOM of the OPERA

a0078126_1595812.jpg


ミュージカル、開演までに少し時間がとれたので、軽く食事。
ガイドブックに掲載されてたPING PONGという中華料理店へ。
飲茶をいただく。


PM7時。Her Majestys Theatre着。
ミュージカルを観るのは初めての経験。

歴史のある劇場らしく、雰囲気がありました。
今まで経験したことのない、どきどき感。

a0078126_8163616.jpg


席は2階の後方。正面。
円形になってるのですね〜。
想像以上にこじんまりとした劇場で、舞台がすぐ近くに感じます。

a0078126_822407.jpg


開演前。

a0078126_834749.jpg


幕間。飲み物をいただきます。
シャンデリアの下、、、は、ちょっと避けましょう^-^


a0078126_8355984.jpg


PM10:30 終了

あ〜、すべてが素晴らしかった♡

(ストーリーは切なかった)

すごい。。。というのが感想。釘付けでした。ロングランの理由解明。。。
観終わってすぐにまた観たい気分。
観客との一体感のようなもの。。。この小さな劇場ならではなのかな?

ミュージカルのことを、「しゃべるか歌うかどっちかにしてくれ」と言っていた
夫がただただじっと観いってました。


それにしてもあの小さな舞台で、どうやってあんなことができるのでしょうか。。。

反復する楽しみが舞台にはあるような。。。
とりあえず、まだ観てない映画をみてみよう。。

そしてまた、ここでいつか観たいなぁ。。。
今度は2階の1番前か、ストール席で^-^

更なるロングランを祈ります♪


a0078126_8362453.jpg


pm11:00 ピカデリーサーカスはまだまだにぎわって。



この旅、最後の夜。
ミュージカル食わず嫌いをこの劇場に返上して帰りました^-^

本日もベッドにはいった瞬間から記憶なし。
爆睡ZZZZZ。。。
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-19 08:57 | 旅/ロンドン

ロンドン街歩き その2

a0078126_831293.jpg


ピカデリーサーカスまで歩きます。


a0078126_834284.jpg


途中、フォートナム&メイソンにて休憩。
ウィンドウ、ディスプレイ中。
甘いものをいただいてエネルギー補給。

あっちの人がたべてる、あれも気になるぅ〜(笑)



a0078126_8325789.jpg


エロスの像に到着。
すぐにナショナルギャラリーへ

ロンドン、行ってみたい美術館が多すぎて*-*
ナショナルギャラリーは威厳のある昔からあるタイプの美術館。
思いのほか、ゴーギャンの所蔵が多くて嬉しい。
有名なゴッホの椅子もこの美術館の所蔵でした♪

テートモダンにくらべて、このあっさりとした紹介の仕方。

すみません、少々、旅行記書いてて疲れてきたようです(笑)
でももうちょっとです。
ならばやめればいいのに。。。スタートしたからには、
時系列通り最後まで終わらないと落ち着かない。。という典型的A型ですね。
我ながら、やっかい。
みなさんも、もう少しの我慢我慢。

a0078126_840564.jpg


トラファルガー広場。
観光客がたくさん。


このあとも街をてくてく。。。。




a0078126_8424188.jpg


リバティの花屋さん
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-18 09:02 | 旅/ロンドン

ロンドン街歩き その1

a0078126_1556884.jpg


夫の希望で世界遺産ウェストミンスター寺院へ
ビッグベンのすぐ近くなのですね。
まるで唐招提寺と薬師寺(世界遺産がすごく近い距離に2つもあるということをたとえてみました)
まずビッグベンをみて想像以上に迫力があったので、
こちらを遠目に見たときは、さほど「凄さ」を感じなかったのですが、、、

a0078126_16453327.jpg


近寄って見上げると、やっぱりすごい!!!

有名な人が沢山眠ってるようです。
王室の方々だけでなく、物理学者とか、文学者とか。
お墓としてはすでに満杯状態だそう。。。


a0078126_1642227.jpg


中にはいると、その美しさはやはり素晴らしいの一言につきます。
沢山の部屋に別れてて、その一つ一つが見応えがありました。


思いのほか長い時間をすごすことに。
心が洗われて居心地がいいです。。。

これから大英博物館を予定してたのですが、
ウェストミンスター寺院を後にすると、人の流れがある方向へ。。。

ついてってみましょう。

ただいま、公園をよこぎり中。。。


a0078126_1671599.jpg


リスファーだったのね♡
あー、よかった。きみはやっぱりこのポーズが一番よね♪


a0078126_16104974.jpg


いいのよいいのよ、君はどんなポーズでも♪



a0078126_16124059.jpg


やっとおしゃべりする木陰がみつかったね。
絵本の中からぬけだしてきたみたい。

I'm French!
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-17 16:42 | 旅/ロンドン

NOVOTEL LONDON WEST

a0078126_823820.jpg


3日目、朝。
6:00起床。
窓からの眺め、今日も快晴♪

今日はロンドン市内、スタンダードコースをまわる予定。

a0078126_8233392.jpg


朝食後、2泊したホテルから別のホテルに移動。

☆ホテルについて少々

ノボテルロンドンウエスト

アメリカンタイプのエコノミーホテル。
フランスのアコーが経営してるので以前宿泊した銀座メルキュールホテルと同じ系列。
フロントの対応、部屋の広さ、清潔さ、設備等問題なし。


空港からピカデリーラインで約40分。
地下鉄ハマースミス駅から徒歩5分。

朝食は、あらかじめ渡されたチェックシートに時間を記入すると、
朝、部屋に運んでくれます(便利)
(今回、一番早い時間6時〜を指定したためか2日連続で30分待。
フロントに電話するとすぐに届きました)


物価が高いロンドンにしては、リーズナブルで、
悪くないホテルだと思います。
(2泊で150ポンド コンチネンタルブレックファースト含む)
少し街から外れてますが、地下鉄もバスも1本で主要な所まで行けるので便利。
ハマースミス駅周辺も雰囲気よいです。


一方、街周辺の華やかさはなし。落ち着いた街です。
市内観光途中で何度もホテルにもどりたいかたには距離的に不向き。
イギリスっぽさをもとめる方にも不向き。
高級感や質の高いサービスを求める方にも不向きです。
あくまでもエコノミーホテルなので。
写真参考にしてくださいね。

さあ、次の滞在先のあるサウスケンジントンに到着


今度は少し、イギリスっぽさのあるホテルを選びました。

a0078126_952927.jpg


サウスケンジントン駅前のPAUL



a0078126_9232340.jpg


駅前の花屋さん。
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-17 09:12 | 旅/ロンドン

back to LONDON

a0078126_21141586.jpg


バスの扉の故障で予定より遅れて
PM7:00 ロンドンに戻ってきました。



a0078126_1333066.jpg


普通はディナーの時間ですね。
でも、この空の明るさが、
ついつい、街歩きに誘うのです。。。

ビッグベン。大迫力。


a0078126_1336211.jpg


橋の向こうにロンドンアイ(25人のり観覧車)
うちは2人そろって高い所好き。


目にしたからには「乗ってみたい」

対岸へ向かいます。


a0078126_1337683.jpg


橋を渡りきって対岸からパチり。

その日、最終のフライトに間に合いました〜♡
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-16 14:02 | 旅/ロンドン
a0078126_833288.jpg


小さな村々を離れてシェイクピアの故郷、
ストラトフォード・アポン・エイボンへ。


a0078126_861574.jpg


ドールショップ

a0078126_835079.jpg


建築様式が独特のチューダー調に変わります。
またまたスワンホテルで、クリィームティー。


a0078126_895210.jpg


このスコーンにクリームとジャムをたっぷり塗って食べるのですが、
スコーンだけでも甘いので、そのままいただくことに。
今度はオーストラリアのアデレードからのご夫妻と20代のお嬢さんの席に
ご一緒させていただくことに。

タスマニア島にいらっしゃいよ〜って。

そんな簡単にいわないでよ〜(笑)

アデレードの労働者は4週間の休日をとれるのだそうです。。。くぅ、、、


a0078126_8443100.jpg


シェイクスピアの生家。


a0078126_852542.jpg


旅先で人を撮影してみたいとずっと思ってました。
今回はそれがたくさんできて楽しかった♪

街を散策中に出会ったアイスクリームシスターズ。


a0078126_854720.jpg


この街で撮った一番好きな写真はこれ♡
みんなそっくり^-^
そしてみんなそろって、

まぶちーっ☆


街や人の様子をみてるだけで楽しくて、気がつけばなにも買ってません*-*

シェイクスピアブックショップにあわててはいって、
ボストカードを数枚購入。

作品を印刷したもの。
これなかなか印刷の雰囲気がいいです。

また、いつかご紹介させてくださいね。
[PR]
by rotta0308 | 2008-06-16 08:50 | 旅/ロンドン