つれづれなるままに、日々の事を記録しています。


by rotta0308
カレンダー

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ブログ納め^_^

今年も1年間、拙いブログにおつきあいいただきありがとうございました。
皆さんも、どうぞ、よいお年をお迎えくださいね。

rotta
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-30 14:52

2008年のカレンダー

a0078126_18383029.jpg


女性雑誌の12月号には素敵な付録がついてるので、
毎年楽しみにしてます^_^

今年はこの3冊をいずれも付録につられて選びました。
「ecla」/山本容子の版画カレンダー
「LEE」/花のカレンダー
「ミセス」/のピンクのスケジュール帳

どれもかわいい♪
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-26 18:51

christmas @ home

a0078126_21463591.jpg


今年もうちで、夫婦2人のクリスマス。

NHKの番組でフィンランドのサンタクロースの村からの中継を見ながら。。。

More
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-24 22:07 | うちごはん

merry christmas

a0078126_0125551.jpg


O時をまわったので、もう言ってもいいよね^_^


a0078126_019440.jpg


今日は、夫の両親と待ち合わせして、光の街を散歩。
外で一緒に食事して帰ってきました。



a0078126_0133696.jpg


今は、年賀状の宛名書きの最中*_*

買ってきた小さなケーキ、今からいただきます♪


みなさんも、素敵なクリスマスを♪
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-24 00:24

あすは冬至

a0078126_1915329.jpg


陽が落ちるのが早くなってきました。
今日は天気も下り坂なので、
ずっと、グレーの空。
連休はお天気悪いみたいですね。

さてさて、先日、出かけた帰りに「道の駅」に立ち寄ってみると、
たくさんの「柚子」がでてました。
小ぶりのものだと10個で100円程度。
たくさん買って帰って、毎日、柚子茶を楽しんでます。
a0078126_191326.jpg


お菓子は、湯布院の桐屋さんでみつけた、こちらも「柚子かりんとう」
とても美味しい。。。

でも、柚子茶と柚子かりんとうの組み合わせはちょっと失敗。
せっかくのかりんとうの柚子の風味を柚子茶が消してしまう。
柚子かりんとうは日本茶か珈琲のほうが正解でした*_*

明日は冬至。

残りの柚子は、お風呂に浮かべることにしましょう^_^

冬の庭
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-21 19:23
a0078126_1610992.jpg


今日はいいお天気で、大掃除日和。
いっきに片付けようと朝からハリキリマン♪

捨ててるつもりでも、いつの間にかたまっていく、印刷物や紙袋。
かわいい包装紙や箱に缶。お花のアレンジに使えるな〜とか思ってると
どんどん増えるばかり。

そして、思い出はあるけど、あきらかに着ない服や靴。。。
みんなどうしてるのかな。
転勤族だから、どこかで思いきらないとこのまま持って回るわけにいかない*_*
全部、捨ててしまったらどんなに気持ちがいいだろう。。。

友人のNちゃんは、思いきって洋服をビニールにいれて捨てたのに、
お母さんがそれを着ててびっくりしたっていってたな^_^
「ゾンビだわ〜、いつの間にか蘇ってたの〜」って(笑)
私達の世代でも捨てられないのに、上の世代の人はもっと無理だよね。
夫の母しかり。


懲りずに今年も家計簿を買った。
毎年リバティの柄の物を選んでたけど、今年はピンクの
「李家幽竹の風水家系ノート」にしてみた。
むむむ、ここにも使わない物は処分するのが吉と書いてあるわ。
使わないまましまって置くのは、大切にしてることとは違うって(アイタッ)
でも時々あけて、見つめてるだけで幸せを感じるものもあるから。。。
このあたりを判断基準にしていこう♪


管理能力のある人はいくら物を所有しててもかまわないと思うけど、
私のように、その能力のないものは物が生活を侵食していくから。。。
どこかで食い止めないとね。

決めた。絶対捨てる。今日捨てる。
書いちゃったから捨てる。この際捨てる。
決意表明♪


a0078126_16102599.jpg


夫が忘年会で「マツイ棒」当てて持って帰った。いや、当たりじゃなくて、はずれだと思うが、本人曰く、何ももらえない人もいるのでやっぱり当たりらしい。
こんなものが売ってるのもびっくり。
TVでみたことはあったけど、これがアノ。。。マツイ棒か。。
使ってみると意外に楽しい♡



みんな大掃除すすんでるかな〜。。。
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-20 16:46

冬のブーケ

a0078126_15322640.jpg


赤い薔薇が終わったので、
今度は寒色系のブーケにしてみた。

雪の間から、花がでてきたイメージ。
寒いけど、ぬくぬく。
ふわふわの綿にくるまれてるからね^_^

1週間もちますように♪
a0078126_15324721.jpg

[PR]
by rotta0308 | 2007-12-19 16:45 |

オーベルジュ櫟屋

宿泊したのは「オーベルジュ櫟屋」。


オーナーご夫妻が2人だけで営んでる為、
1日3組8名までのこじんまりとした宿です。

楽しみにしてた夕食の時間。
厨房はご主人の担当。奥様がテーブルの係。


a0078126_19393453.jpg



野菜はすべて契約農家の無農薬野菜。
お米も合鴨農法で育てられたもの。

メニュー
●前菜/タコと海老と野菜のラタトゥユ(写真左下)
●やまめのソテーの玄米ピラフつめ(写真右上)
●湯布院の野菜のミネストローネ(右下)
●豊後牛のステーキと野菜のオーブン焼き(左上)
●いちじくのコンポートとアイス(写真なし)

ひとつひとつ、丁寧につくられたお料理は、どれも優しい味がしました。
料理、器とも大満足♪

リピーターが非常に多い宿と聞いてなっとく。。。



a0078126_2354546.jpg


ダイニングに隣接したコーナー。
こちらには本がたくさん。

a0078126_23551027.jpg


猫ちゃんやってきました。
食事の時もずっと足もとにおとなしく座ってたね^_^


部屋はシンプルでTVもありません。

額に入った小さなマッターホルンの写真が1枚と
由布山を望む大きな窓。

竹の蓋つきの籠にはいった洗面セット。
行き届いたお掃除。
私達にはこれで充分。

一夜あけて
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-19 08:56

癒しの宿

伯母の具合が前回見舞った時より格段に良くなってて嬉しかった。
気力、体力ともに想像してたよりずっと順調に回復してる。
昔からの経験で、一喜一憂しないようにと思っていても、やっぱり嬉しいし、
期待してしまう。

伯母の家は大分を訪れた時の私達夫婦の常宿なので、
よくなってもらわないとこまる*_*
泊めてもらった時は、一宿一飯の恩義で、伯母が困ってる雑用を私達が手伝う。
ちょっとしたGIVE & TAKEがなりたってるのだから(笑)



a0078126_1729527.jpg


そんなわけで、今回は必要にせまられ、由布院の宿を予約。
いつも宿が用意されてるので、地元に宿泊する機会ってあまりない。

何年も前に、知り合いから「素敵だから、一度いってみて」とすすめられてた
とある「オーベルジュ」。。。

噂通り、ほんとに素敵だった。

ちょっと秘密にしておきたい気分♪

3方をガラスに囲まれた、木々の中にある別棟の談話室。

夕食の後は、暗い林に囲まれた暖かなこの部屋で、
素晴らしい音響で聖歌を聴きながら、宮沢賢治の絵本を読みながら過ごした。


外に出ると満天の星。
空が近い。

朝、朝食を終えて、散策。
もう一度この部屋で、今度は真ん中の椅子にそれぞれ腰掛けて、
エンヤの曲を聴きながら、ぼーっと過ごした。


a0078126_1729296.jpg


談話室に置かれてる絵本は、全て宮沢賢治だった。
オーナー夫妻の好みかな。。。


宿の名前と、オーベルジュならではのお料理は、またの機会に♪
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-17 18:13

老い。

今日は79才になる夫の伯父さんを見舞いに久留米へ。
子供は2人とも遠い所に住んでる。
迷惑をかけたくないという思いから、
ずっと体調の不良を隠していたらしい。

心細かったのだろう。。。
夫と私が声をかけると子供のように泣きじゃくってしまった。
こっちまで泣けてきた。

絵が大好きで、自分でも油絵をたしなむ伯父さん。
お見舞いに小さなお花と、家にあった東山魁夷の画集をもっていった。

数日前のページワンのブログで、病室にシャガールの絵をかざったという話を読んではっとした。絵は人を癒すんだ。。。

ブログってありがたい。自分だけだったら思い付かないことを教えてくれる。


明日は、私の伯母の見舞いに夫とともに大分へ。
1人暮らしだけど、おしゃれで友人とランチにいったり温泉にいったり、
マージャンしたりハイカラだった伯母。
玄関に新聞を取りにいって転んで肩を骨折した。
足じゃなくてよかった不幸中の幸いだとみんなでほっとしたのもつかの間。
複雑骨折で手が挙がらなくなってしまった。
手術が難しい場所ということで、
安静にして固まるのを待つ事にしたのだけど。。。
80才という年齢もあって、ずっとベッドにいることで、足の筋肉もどんどん弱っていってる。
骨折前の伯母の暮らしはもう戻ってこないと思うとせつなくなる。
でも永遠なんてありえないんだ。。。
命に関わることじゃなくて、よかったと思わなくっちゃ。。。


伯母を元気づけられるのは、大好きな「チョコレート」だってわかってるんだけど、、、医師から体重を4キロ落とすように指示がでてるとのこと。。。
うーむ。。。
子供や姪の私が遠方にいるため、伯母の病院での世話を従兄の奥さんがひきうけてくれてる。
感謝するばかり。
明日は私がリハビリにつきあおう。。。

病院にいくたびに、高齢化社会を実感する。

伯父さんがまた油絵がかけますように。
伯母がまたマージャンができますように。

ただただ願う。
[PR]
by rotta0308 | 2007-12-15 21:15